健康診断の結果を受け止めよう

>

改善できることを聞こう

基本的なことを心がけよう

寝る時間が遅かったり、運動不足などの生活習慣が悪いことが原因で病気になります。
健康診断の結果自体は良くても、数値に注意した方がいいと医師から言われるかもしれません。
注意を受けたら、将来的に病気を発症する可能性が非常に高いと思ってください。
何も改善しない状態では、すぐ病気になってしまいます。
生活習慣を変えることを意識してください。

夜遅くまで起きていた人は、すぐ眠る生活をしましょう。
人間は睡眠を確保することで、身体を休ませることができます。
睡眠時間が足りないと、疲れが身体に残ります。
健康診断の結果を見て、病気じゃなくても改善する部分はないかきちんと調べてください。
改善方法を、医師に聞いてもいいと思います。

肥満を改善しなければいけない

食生活が乱れていると、肥満になります。
肥満は、生活習慣病という大きな病院の原因になるので、注意を受けたら痩せる努力をしてください。
心筋梗塞や高血圧に、ならないように気をつけましょう。
年齢を重ねると、身体に脂肪が蓄積されやすくなります。
若い時と同じような食生活では、あっという間に肥満体型になるので食事を変えてください。

食べ過ぎを控えることは重要ですが、何を食べるかも意識してください。
肉ばかり、逆に野菜ばかりでは栄養が偏ります。
健康的な生活を送るためには、肉も野菜もバランスよく食べなければいけません。
1年ほど食生活を改善する努力を続けていれば、来年の健康診断では数値が正常に戻っていることが多いので、頑張ってください。